コンテンツ詳細

デリケートゾーン・ビキニラインの黒ずみに気がついてケアしたくても、ちょっと恥ずかしくて誰にも相談できない。

あなたは今、そう思っているかもしれませんね。

でも、デリケートゾーン・ビキニラインの黒ずみに悩んでいるのは、あなただけではありませんよ。

意外に周りの女性も悩んでいます。

嫌なイメージを持たれる前に、デリケートゾーンの黒ずみを何とかしたいですよね。

今回その悩みを解決するべく、デリケートゾーンの黒ずみを解消できるケア方法をお届けします。

市販で買えるクリームなどのアイテムもあるので参考にしてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみを生み出す原因は何?

デリケートゾーン黒ずみ ヤバイ

デリケートゾーンは、気づいたら色が黒くなっていたという女性がほとんどではないでしょうか?

普段の生活では気にする事が少ない部位でもあり、何故黒ずみができてしまったのか、原因さえわからないことがほとんどだと思われます。

しかし、原因がわからなければ、ケアすることはできません。

しっかりデリケートゾーンをケアしやすくするためにも、まずは、デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因を探っていきましょう。

妊娠や出産が原因の黒ずみ

エストロゲンと黒ずみ

妊娠中にデリケートゾーンの黒ずみが気になりだしたといった女性も、実は意外に多いのです。

妊娠や出産でできたしまった黒ずみは、時が経てば自然に消失していくことも多く、あまり気にしすぎる必要はないと言われています。

それは、妊娠中の体の変化によって起こる女性ホルモンのエストロゲンの増量に関わりがあるからです。

女性の体は、妊娠中は胎児を守るため、更には出産しやすくするためにエストロゲンが自然に増え、皮膚を守る役割をしています。

また、妊娠中には、エストロゲンだけでなく、外部の刺激から身を守るためにメラニン色素の量も増えます。

妊娠時は、当然のことながら、外敵から身を守るためにも、デリケートゾーンは守らなければなりません。

その為に発生したメラニン色素によって、黒ずみができてしまうのです。

妊娠・出産、授乳期を経て、ホルモンバランスが平常に戻ってくると、デリケートゾーンの色も徐々に解消しますが、油断して安心ばかりはしていられません。

もともと、デリケートゾーンの皮膚は薄く、外部からの刺激に弱い部分です。

締め付けなど、デリケートゾーンに摩擦の起きやすい下着を身に付けていると、黒ずみがとれないこともあるので、注意が必要です。

老化による代謝の衰えが原因の黒ずみ

老化と黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみを作り出す原因の一つとして、老化があります。

老化は、体に様々な不調をきたしてしまいますが、肌も例外ではありません。

年齢を重ねると、代謝が衰えるということは聞いたことがありますよね。

私たちの体は細胞でできていて、新陳代謝は、細胞が新しく生まれ変わるのに大切な役割を果たすものですから、代謝が衰えると皮膚にとっても大問題なのです。

人間の皮膚では、古くなった皮膚が剥がれ落ちて、新しい皮膚へと生まれ変わるターンオーバーというものが自然と行われています。

若いうちは、1ヶ月ほどでターンオーバーが繰り返されていますが、加齢とともに代謝が衰えると、ターンオーバーの期間は長くなります。

肌を守るためのメラニン色素が生成されても、本来なら皮膚にメラニン色素が定着してしまうことはありません。

メラニン色素が定着せずに、新しい皮膚に生まれ変わるからですね。

でも、ターンオーバーが長くなると、新しい皮膚に生まれ変わるまでの期間も長くなり、メラニン色素が皮膚に定着してしまうことで色が黒く見えるのです。

シミも同じ現象で起こるので、分かっていただけると思います。

皆さん、顔は毎日鏡で見て、老化によるシミやシワをケアしているのではないでしょうか?

毎日ケアをしている部分でさえ、代謝の衰えでシミになるのに、デリケートゾーンとなると…想像できますよね。

乾燥や炎症による色素沈着が原因の黒ずみ

色素沈着 イラスト

デリケートゾーンの黒ずみの原因は乾燥や炎症で起こるのです。

皮膚の表面には皮脂があり、バリアの役割をして皮膚を守っていますが、乾燥してしまうと、皮膚を外部から守れなくなり、刺激やダメージを受けやすい状態になります。

そこで、人間の防御本能として、別の形で皮膚を守るために、メラニン色素が多く生成されます。

デリケートゾーンは、元々皮膚が薄く弱い部分なので、普段からメラニン色素が他の部位よりも多く生成されているため、乾燥すると色素沈着により黒ずみになりやすいのです。

そのため、アトピーや敏感肌など、肌が乾燥しやすい人は特に注意が必要です。

また、乾燥がひどくなると、ダメージを受けた皮膚は炎症が起こりやすくなります。

ダメージが強ければ強いほど、メラニン色素はターンオーバーの起こらない皮膚の奥の方(真皮)へと取り込まれてしまい、メラニンの色素沈着が発生し、デリケートゾーンの黒ずみにつながります。

デリケートゾーンは、下着や生理中のナプキンなどでも摩擦による炎症を起こしやすい場所なので、黒ずみができやすい場所と言えますね。

関連記事 : ナプキンとタンポンの違い!どっちがデリケートゾーンに適してる?

デリケートゾーンの黒ずみは男性にこう思われてる

遊んでる女性らしい イラスト

女性として、やはり男性の目線は気になるものです。

デリケートゾーンに黒ずみがあったら、何となく汚いイメージを持たれたり、遊んでいるイメージがあったり、とんでもないことを思われているのではないかと心は落ち着かないですよね。

でも、そのイメージは噂として広まっているものであって、事実ではないとしても、それを事実だと思い込んでいる男性がいるのも否定はできません。

迷信なんかと同じように、噂を事実として捉えてしまう人もいるのは、仕方がないことです。

女性側からすれば、デリケートゾーンの黒ずみを気にしすぎて、気分が塞ぎこんでしまうという人もいるので、黒ずみの原因の正しい情報を伝えたいですね。

デリケートゾーンはどのくらいだと黒ずみと呼ぶ?

黒くてショックな女性 画像

黒ずみは、なかなか人と比べることができないものです。

まして、デリケートゾーンとなると、他の人と比べるわけにもいかないですよね。

そのため、基準はとても曖昧になってしまい、個人的感覚に委ねられてしまいます。

ただし、黒ずみというのは、基本的に自分の肌の色よりも黒いことに対して言われます

メラニン色素の量によって、皮膚の色には違いがありますが、一般的な日本人女性のデリケートゾーンの色は、ピンク色に茶色がかった色だと言われているため、茶色が濃い場合には、黒ずみと捉えられるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性はどのくらいの割合いる?

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性は、全体の約7割に及ぶと言われています。

ほとんどの女性が、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるということですね。

もちろん、女性同士でも、デリケートゾーンの黒ずみについての話題はほとんどしないので、実はもっと多くの女性が悩んでいるのかもしれません。

デリケートゾーンに黒ずみがあるという日本人の平均的な色はどのくらい?

日本人の平均的なデリケートゾーンの色は、ピンクに茶色がかった色と先述しました。

では、黒ずみがあると認識している日本人女性のデリケートゾーンの平均的な色はどのくらいでしょうか?

これも個人的感覚になるので難しいところではありますが、恐らく茶褐色ぐらいの色なのではと思われます。

そもそも日本人は黄色人種で、肌の白い人が多いですが、デリケートゾーンはメラニン色素の影響を受けやすく、他の部位よりは肌の色がワントーン茶色いのが普通です。

黒ずみがあると認識されるのは、それよりも濃い色なので、茶褐色ということになると思います。

デリケートゾーンの黒ずみセルフケア方法の注意点

デリケートゾーン 黒ずみケア商品 イラスト

デリケートゾーンの黒ずみは、悩むばかりでは解決しません。

黒ずみを解消しようと思っても、色々な対策法があって、どれが効果的なのかわからないという人もいるんじゃないでしょうか?

当然、適切に対策していかなければ、改善するわけがありません。

セルフケア用に数々のデリケートゾーンの黒ずみケアグッズも売っていますが、何を使えば黒ずみの対策として効果を実感できるのか、いまいち分からないですよね。

そこで、黒ずみ対策にいいと言われるケア用品やセルフケアをする時に注意してもらいたいポイントを説明していきます。

ピーリングで黒ずみが落ちるの?

ピーリング 女性

デリケートゾーン専用のピーリングというものが、販売されています。

デリケートゾーンは、皮膚が弱いので、使用するならデリケートゾーン専用のものでなければなりません。

ピーリングは、顔に使用したことがある人はいるかもしれませんが、塗った部分をこするとポロポロと落ちてくるものですね。

ピーリングの目的は、古い角質を落とすことです。

ピーリングをする度、デリケートゾーンの皮膚もすべすべになります。

でも、本来の目的である黒ずみが落ちるかと言えば、これはあまり大きい効果がありません

なぜなら、黒ずみの原因は角質ではありません。

もちろん、ピーリングによって、ターンオーバーの促進し正常に戻すが期待できますが、現在できてしまっている色素沈着の黒ずみを落とすことは難しいと考えられます。

デリケートゾーンにスクラブで黒ずみが消える?

スクラブ 写真

スクラブというのは、洗顔料にもあるようにツブツブの入った洗浄剤のことですね。

スクラブ入りの洗浄剤は、研磨剤と同じく、擦ることで汚れを落としていくものです。

お話してきている通り、デリケートゾーンの皮膚は、非常に薄く傷つきやすいです。

そのため、スクラブでデリケートゾーンを洗浄することで、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

また、デリケートゾーンの黒ずみは、摩擦が原因になることもあるので、スクラブで洗浄すると逆に黒ずみを悪化させてしまうこともあります

デリケートゾーンの黒ずみ対策に美白化粧水が有効?

美白化粧水

デリケートゾーンが黒ずんでいるのだから、美白化粧水は有効なはず。

そう考える人も多いかもしれません。

しかし、顔の美白化粧水は、デリケートゾーンには使用できません。

顔の皮膚の厚さと比べると、デリケートゾーンの皮膚は薄く、敏感で刺激を受けやすいからです。

美白成分がデリケートゾーンにも効果的であることは確かですが、顔用の化粧水には保存料やアルコールなど他の成分も含むため、デリケートゾーンには不向きです。

使用するなら、デリケートゾーン専用の美白化粧水にしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみは、乾燥によっても起こるので、化粧水を使って保湿することで、抑制することは可能です。

また、美白効果があるとしてハトムギ化粧水がありますが、ハトムギ自体が美白成分ではなく美白効果はありません。

ただし、ハトムギエキスの炎症を抑える働きにより、黒ずみを残らないようにする効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみにはワセリンで保湿がいい?

ワセリン 画像

ワセリンは、石油から不純物を取り除いたもので、簡単に手に入るものです。

保湿力が極めて高く、肌荒れにも広く使われているものです。

デリケートゾーンへも問題なく使用でき、その証拠に皮膚科でワキなど脱毛施術の後にワセリンを塗ることもあるそうです。

ワセリンは、塗った表面に膜を作るように皮膚をカバーし、毛穴から水分が出ていくのを防ぐため、乾燥の対策としてとても有効的です。

ターンオーバーを促し、メラニン色素が定着するのを防ぐことができますが、すでにできてしまっている黒ずみにはあまり効果が期待できません。

関連記事 : デリケートゾーンのトラブルは乾燥が原因!正しい保湿ケア方法

デリケートゾーンを石鹸で洗いすぎはNG?

ダメ ポーズ

デリケートゾーンは、皮膚の薄いところで、刺激に弱い部分です。
毎日洗う人がほとんどだと思いますが、特に夏場などはニオイが気になって、石鹸で洗いすぎていませんか?

ゴシゴシ洗うことは、皮膚を傷つけたり、色素沈着の原因にもなります。

軽く洗っても石鹸の刺激でかゆみの出ることもあります。

また、膣の内部は、普段から強い酸性になっていて、常在細菌をはじめ外部からの細菌に感染しないように自浄作用が備わっています。

しかし、石鹸で過剰に洗いすぎてしまうと、バランスが崩れてしまい、自浄作用の効果も弱くなります。

そのため、細菌に感染してしまうと、かゆみなどの症状が出ることがあります。

また、痛いという症状が出れば、細菌感染によって病気になっていることが考えられるので、医療機関の受診が必要です。

デリケートゾーンの石鹸での正しい洗い方や成分

石鹸 写真

デリケートゾーンは、汚れが付着したままではニオイの元となってしまうので、洗うことは大切ですが、洗い方にポイントがあります。

普通の石鹸やボディソープを使う人もいるかもしれませんが、できれば弱酸性のものを使用することをおすすめします

洗浄力が高いものは、刺激が強く、かゆみなどのトラブルを起こしやすいからです。

そして、直接石鹸をつけるのではなく、手で泡立てた泡で洗うようにします。

泡立てネットを使って泡を作るのもおすすめです。

正しい使い方は、ゴシゴシ洗うのではなく、指の腹を使って前から後ろ側へと洗っていきます。

泡をクッションにして傷つけないように、粘膜の内側まで優しく洗います。

最後に汚れがないか確認してキレイに洗い流します。

デリケートゾーンの石鹸を使ったおすすめの洗い方

デリケートゾーンは、優しく洗うことが基本です。

そこで石鹸を使ったおすすめの洗い方をご紹介します。

それは泡パックです。
泡

十分に泡立てた泡を上において、2分間泡パックします。

そもそもデリケートゾーンには、自浄作用が備わっているので、泡パックのみでも清潔にすることができると言われています。

2分間泡パックした後は、ぬるま湯で洗い流します。

ポイントは、ゆるいと感じるぐらいのぬるま湯を使うことです。

熱すぎるお湯は刺激になるので注意が必要です。

擦らない泡パックは、摩擦を避けることができるので、黒ずみ対策にもなります。

関連記事 : デリケートゾーンの黒ずみ解消!おすすめ石鹸

デリケートゾーンの美白・保湿方法

美白・保湿方法で一番おすすめなのは、専用の美白成分の入ったローションやクリームを使用することです。

美白も保湿も黒ずみ対策には欠かせないものであって、どちらかが欠けても対策としては不十分です。

保湿だけをしても美白効果がなければ、黒ずんだ肌を解消することはできないし、美白だけをして保湿を怠れば、黒ずんでしまう原因になります。

そのため、美白成分と保湿成分が一緒になっているローションとクリームを使用すれば二つの効果を高めることができます。

デリケートゾーンを保湿するタイミングは?

しっかり保湿することが、色素の沈着を防ぐ上でも重要なことが分かっていただけたと思います。

では、いつ保湿すれば効果的なのか、ということになりますが、保湿するのは下記のタイミングが効果的です。

1.ムダ毛処理後が良い

ムダ毛処理は、方法にもよりますが、肌を傷つけやすいことは確かです。

特に手軽で使用しやすいカミソリは、毛を剃る時に皮膚の表面にも器具が触れてしまうため、肌を傷つけやすいです。

ムダ毛処理の後は、必ずローションやクリームを使い保湿が必要です。

脱毛サロンでの脱毛後にも保湿クリームを塗ってくれるところがありますが、これも乾燥による黒ずみを避けるためです。脱毛サロンでの脱毛後もしっかり保湿をしましょう。

2.お風呂上り

お風呂上りは濡れていて、保湿されている気がしますが、それは間違いです。

水分の蒸発とともに、肌の水分も奪われるほか、入浴時に肌の保湿成分も流れると言われていて、お風呂上りは乾燥しやすい状態になっています。

お風呂上りには、クリーム等のアイテムでしっかり保湿をしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケア ー保湿する手順

ポイント 女性 イラスト

デリケートゾーンの保湿のタイミングが分かりましたね。

でも、どうやって保湿するかが問題になりますよね。

ここで間違えてしまっては、元も子もありません。

ケアする方法として保湿の手順をご紹介します。

1.デリケートゾーンを洗う

まず最初に、ローションやクリームでの保湿は大切ですが、汚れた状態では良くありません。
必ず洗浄してから、保湿します。

2.適量の保湿剤を塗る

次にデリケートゾーンを保湿するのに必要な保湿剤の量はですが、だいたい1円玉ぐらいの量と言われています。
つけすぎは良くないので、適量を使用するようにします。
手の体温で温めながら手のひらで広げて塗ります。
注意点は、擦らないようにして上から押さえるようにすることです。

3.余分な水分や油分は押える

保湿剤が浸透せずに残ってしまうようなら、トラブルを避けるためにもティッシュなどで押さえるようにしましょう。

デリケートゾーンを保湿する手軽に買える商品

1.馬油

馬油 写真

言わずと知れた保湿力の高い商品で、ハンドクリームやヘアケア商品にも使われています。
特に中国では古くから炎症剤として使われていたことから、保湿や肌荒れに使われます。
だいたい900円ぐらいから売られています。

2.ワセリン

ワセリン 画像

先ほど紹介しましたが、ワセリンには水分を肌の内側に閉じ込めておく効果があるので、保湿効果の高い商品です。
色の白い方が純度が高く、選ぶ際は白色ワセリンを選びましょう。
ドラッグストアや薬局なら700円ぐらいから販売されています。

3.オロナイン

オロナイン 画像

オロナインの内容は、クロルヘキシジングルコン酸塩液で、どちらかと言うと、殺菌や消毒効果の高い商品です。炎症を抑えてくれます。
粘膜部分以外のデリケートゾーンに使用はできますが、保湿効果はあまり高くないようです。
ドラッグストアで600円ぐらいの値段で販売されていて安いです。

関連記事 : デリケートゾーンの黒ずみがオロナインで消せるって本当!?
4.アットノン

アットノン

アットノンは、沈着した傷跡や盛り上がりのある傷跡を改善する薬として販売されています。
主成分はヘパリン類似物質で、保湿効果や血行促進効果があります。
ただし、同じ皮膚であれば、粘膜以外のデリケートゾーンへの使用も可能ではありますが、他の皮膚に比較すると薄いので、基本的には避ける方が無難です。
ドラッグストアで安価で購入できます。

5.ニベア

ニベア 青缶

ニベアは、乾燥を防ぐことで有名なクリームですね。
ワセリンやグリセリンが含まれていて、かなり保湿効果の高いものです。
保湿という意味では、効果が期待できると言えます。
ただし、ニベアはかぶれやかゆみの出る可能性もあり、注意が必要です。
ドラッグストアでは、600円ぐらいから販売されています。

関連記事 :
デリケートゾーンのかぶれ・かゆみの原因から対処法まとめ
6.ヒルドイド

ヒルドイド 画像

究極のアンチエイジングとも呼ばれているヒルロイド。
こちらの主成分もヘパリ類似物質で、基本的にはアットノンと同じ効能があります。
保湿力が非常に高く、潤いをもたらすことができます。
病院でも処方されている医療用医薬品なので、副作用の可能性も考慮しなければなりません。
デリケートゾーンを使用目的では作られていないので、注意が必要です。
通常3000円前後で販売されているようです。

デリケートゾーン専用クリームのおすすめ商品

美白クリーム

黒ずみ対策には、成分も見ても、やはり専用のものが安心して使用できます。

専用ではないものを使い、解消するどころか悪化してしまった、なんていう結果になったら後悔してしまいますよ。

リスクを避けるためにも、優しい成分で作られたおすすめの専用クリームを2つご紹介します。

これらのアイテムは通販で購入できるものなので、店頭で買う恥ずかしさもなく、本当におすすめなので自分に合ったものを選んで使ってみてくださいね。

イビサクリーム

イビサクリーム 画像

イビサホワイトニングクリームは、脱毛サロンが開発したデリケートゾーン専用の美白クリームです。

イビサクリームは顧客満足度が96.7%という高い数字になっていることからも、その効果の高さがうかがい知れます。

天然由来の成分で作られ、無添加なので、肌の弱い箇所にに使用しても大丈夫です。

メラニン色素を抑制するだけでなく、抗炎症、保湿成分も配合されているクリームなんです。

ネット上でもたくさんの女性が改善効果を伝えています。
効果を感じるまでの期間は、黒ずみの色や肌質によっても違いが出ます。

すぐに効果が現われることを期待してしまいがちですが、どんな商品でも長年蓄積したものを劇的に変えるものはないと思いますが、こちらのイビサクリームは、デリケートゾーンの改善におすすめのクリームです。

イビサクリーム公式

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリー

美彩から発売されている美白ケアクリームで、メラニン色素の生成を抑える成分に加え、ヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷり使用されています。

パラベンや着色料など、肌に刺激を与えるものが使用されていないので、全身に使用できるのが特徴です。

雑誌やメディアでも多数取り上げられていて、実際に肌が白くなったと評価の高い商品です。

返金保証の制度も充実しているのでもしもの時も安心ですね。

保湿力が高ければ、肌への負担を防ぐこともでき、乾燥による炎症も防げるので、抑制するのには適していますね。

プラセンタなど美白効果もしっかり作用して、継続して使用することで黒ずみが解消し美肌効果が期待できるクリームですよ。

ホワイトラグジュアリープレミアム公式

関連記事 : デリケートゾーンの黒ずみを解消!通販で人気のおすすめ美白クリーム

オリーブオイルは黒ずみに効果あるの?

オリーブオイルは、健康食品としてもメディアで取り上げられることも多いですが、オリーブオイルが効くという噂もあります。

果たしてどうなのでしょうか。

オリーブオイルのメリットとデメリットから効果を見ていきましょう。

オリーブオイルを使うメリット

オリーブオイルは、化粧品にも使用されていますよね。

主な効果としては、抗酸化作用や保湿が挙げられます。

炎症を抑え、肌を保護する働きもあるため、ターンオーバーを促進し整える作用があります。

そのため、黒ずみを防ぐという目的では有効と言えます。

オリーブオイルを使うことによるデメリット

オリーブオイル

オリーブオイルには、高い保湿成分がありますが、メラニン色素を抑制する美白の効果はありません。

そのため、すでにメラニン色素が沈着してしまった箇所には効果があまり期待できません。

また、オリーブオイルは人によっては合わないこともあるので、注意が必要です。

デリケートゾーンに使うには、オイルの使用感とオイル独特のにおいも考慮しなければいけませんね。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸とは?

オリーブオイルの成分の約7割は、オレイン酸が占めています。

オリーブオイルの効能はオレイン酸にある、と言っても過言ではありません。

オレイン酸の最大の特徴は、酸化しにくいことです。

つまり抗酸化作用があるということですね。

肌荒れを防いだり、くすみを防いだりすることができると言われています。

オレイン酸は、皮膚への刺激が少なく、保湿に優れています。

デリケートゾーンの黒ずみにケシミンが効く?

ケシミン 写真
出典 : http://lohaco.jp/product/8368995/

薬用ケシミンは、シミ対策として有名なクリームですね。

なぜ、ケシミンは、メラニン色素が定着してしまったシミの対策になるかと言うと、ビタミンC誘導体というメラニン色素の生成を抑える成分とともに、新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを促進する作用や血行を促進する成分が含まれているからです。

これだけを聞くと、デリケートゾーンにも効果があるのでは?と思ってしまいますが…

しかし、ケシミンにはグリチルレチン酸ステアリルという成分も含まれています。

グリチルレチン酸ステアリルというのは、抗炎症成分なのですが、アトピーなどの治療薬として使用されるステロイドと同様の副作用を起こす危険性があるのです。

ケシミンは、そもそも顔に使用するために作られているクリームであって、デリケートゾーン用のものではありません。

効果は期待できても、肌の弱い部位に使用するのはリスクを伴います。

黒ずみの解消は皮膚科と美容クリニックどっち?

医者 女性

デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアで解消していく方法をご紹介してきましたが、皮膚科や美容外科クリニックで専門家によって治療することも可能です。

やっぱり婦人科では恥ずかしいという人も多いので、専門家に尋ねるのが一番いいかもしれませんね。

デリケートゾーンは、大切な臓器でもあり、妊娠・出産を希望する女性もいるので、セルフケアでは怖いという人もいると思います。

その場合は、美容皮膚科で解消するのがおすすめです。

関連記事 : デリケートゾーンをレーザー治療するなら皮膚科と美容皮膚科どっち?

デリケートゾーン主な改善法

・薬の処方

美容皮膚科で処方される主な薬としては、ハイドロキノンとトレチノインがあります。
ハイドロキノンは、美白成分が入っていて、メラニン色素の生成を抑え、更にはメラニン色素を作る細胞自体を減少させる成分で、気になる箇所の色が白くなる効果的があるとされています。
トレチノインは、ターンオーバーを早める作用を持っていて、皮膚内部にあるメラニン色素を表に出すことができます。
2つの医薬品を上手く使用することで、色素沈着を防ぎ、黒ずんだデリケートゾーンの改善が期待できます。
ただし、効果は高い代わりに、作用の強い医薬品でもあるので、赤みやかゆみの出る危険性もあります。
使用する時は、必ず美容皮膚科で医師の指示の元、使うようにしてください。

・ピーリング

ピーリングは、顔でも行うことがあるので、聞いたことがあるかと思います。
色素沈着したものを取り除くというよりは、ターンオーバーを早める目的で行います。

・レーザー

一般的に美容皮膚科で広く使用されている解消法です。
肌に負担をかけないほどの弱いレーザーで照射し、メラニン色素を破壊する方法です。
少しずつメラニン色素を破壊することで、早く解消していきます。
レーザー脱毛と原理は同じですね。
そのため、レーザー脱毛で解消できたという人もいます。

上記のものが美容皮膚科での主な改善法になりますが、これに加えて、手術するという方法もあります。
黒ずみの色を薄くしていくというよりは、根本的に治療するということになります。

デリケートゾーンの黒ずみを整形で治療?

整形と言えば、顔と同様手術をして改善することです

どうしても気になる人には、最終手段として、整形手術を受けることができます。

VIOのIラインのみになりますが、形成手術なら取り除くことが可能です。

ただし、整形は手術なのでリスクを伴うこと、保険が効かないので高額になることは考慮してくださいね。

デリケートゾーンのムダ毛を処理する方法とは

海外では、デリケートゾーンの脱毛は当たり前というぐらい主流なものです。

流行の発信となる海外セレブの影響もあって、日本人もムダ毛を処理する人が増えました。

でも、デリケートゾーンのムダ毛処理って難しいですよね。

大まかにセルフケアとサロンでの脱毛をご紹介します。

デリケートゾーンのムダ毛処理 自宅で自己処理の方法

カミソリ 画像

ムダ毛処理と言えば、すぐに思いつくのが簡単で手軽なカミソリですね。

でも、カミソリはムダ毛と同時に皮膚を傷つける恐れがあって危険です。

デリケートゾーンは、皮膚が弱いので、腕や足と同じように処理をしても傷つきやすいのです。

また粘膜部分もあって、1枚刃の安全カミソリは使用を控えた方がいいです。

自己処理の場合は、負担の少ない電気シェーバーがおすすめです。

顔を剃る小さいタイプのものは、比較的安全で、細かい部分にも適しています。

注意点としては、ムダ毛の長いところは、ハサミで短くカットしてからシェーバーで剃ることです。

長いまま処理すると、毛が絡むので肌を傷つける可能性があります。

安全面から言えば、脱毛クリームもおすすめです。

ただし、脱毛クリームは薬剤で毛を溶かして脱毛するので、粘膜に近い部分はクリームが入らないように注意しなければいけません。

天然成分で作られた脱毛クリームなら、安心ですね。

デリケートゾーンはエステや脱毛サロンで脱毛

シェーバーじゃなくて脱毛サロン

デリケートゾーンは、皮膚も薄く弱い上に、見えにくいところなので、自己処理には限界があります。

時間やお金はかかるかもしれませんが、エステや脱毛サロンを利用する方がキレイに脱毛できますよ。

脱毛サロンへ行くメリットにも書いてありますが、サロンでの脱毛にはメリットはたくさんあるのです。

KIREIMO

KIREIMO

多くもモデルや芸能人が通う脱毛サロンとして有名なKIREIMO。

芸能人の間でも評判で、数々のKIREIMOに行ったという芸能人の写真がSNSにアップされています。

光脱毛による施術で、徐々に毛を生えない状態へと導いていきます。

KIREIMOの特徴としては、安心ドクター制度というのがあり、万が一の時にも安心です。

脱毛サロンでも劇的な変化は、なかなか得られにくいかもしれませんが、続けていくことで肌がキレイになっていくのが嬉しいですね。

自己処理の回数が減ることでも黒ずみの対策になります。

スタッフの対応もとても良いので、通いやすいですね。

キレイモ無料体験はこちら

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは、CMや広告で良く見かけますよね。

キャンペーンでは、信じられないくらいのリーズナブルな価格で脱毛サロンに通えるとあって、多くの会員数を誇っています。

痛みの少ない光脱毛で、優しく脱毛施術が受けられます。

効果が感じられないなど、解約したい時には残り回数分の返金制度もあり、通いやすい脱毛サロンです。

人によって、効果が出るまでの回数は違いますが、きっちり通えば、効果も現れてきます。

唯一の難点は、予約が取りにくいことでしょうか。

人気サロンは会員数が多く、キャンセル待ちをしなければ、予約がとりづらいのが現状です。

ミュゼプラチナム詳細

デリケートゾーンの黒ずみは下着にも問題あり

下着 写真

色が黒ずんでしまう原因は、色々ありますが、普段身に付けている下着によってもできてしまうことが知られています。

特に、締め付けの強い下着は、圧迫することによって刺激を与えてしまいます。

また、下着が擦れることも色素沈着の原因になるので、下着選びもポイントとなります。

選び方

黒ずみを作らない下着の特徴は、締め付けず、摩擦の少ないものです。

対策としておすすめの下着は、シルク素材のものです。

一般的に下着は綿で作られていることが多いですが、シルクは綿に比べて、柔らかく肌触りが滑らかで、締め付けることがありません。

それだけでなく、シルクは吸湿性・保温性に優れているので、通気性が良く蒸れを防ぐ上温かく、デリケートゾーンの対策には、おすすめの下着だと言えます。

デリケートゾーンの黒ずみには食べ物も重要

食事 写真

一見、何の関係もなさそうなデリケートゾーンの黒ずみと食べ物。

でも、実は大いに関係があります。

直接的に、摩擦を避けるなどの外部から対策してケアすることは重要ですが、内側からも働きかけることによって、改善効果を得やすくしてくことも重要ですよ。

必要な栄養素を摂取して健康なることが、色素が沈着しにくい体へと変化させていきます。

最も重要なのは、タンパク質です。

人間の体を構成しているのは、タンパク質ですし、代謝の速度を調整する働きにも関与します。

更に、新陳代謝を活発にし、細胞の生まれ変わりを助ける働きがあります。

タンパク質は肉などに含まれますが、赤みの肉などを摂りすぎると、腸内に長く溜まるため、デリケートゾーンのにおいが発生する理由と言われています。

気になる人は、植物性のタンパク質の大豆などを採り入れるのはいいかもしれません。

大豆イソフラボンの効果で女性ホルモンもアップできるので、一石二鳥ですね。

そして、タンパク質に加え、ビタミンCも、欠かせない栄養素です。

ビタミンCは、メラニン色素の沈着を抑制する働きがあり、できてしまった黒ずみに対しても効果を発揮します。

毎日の食事にタンパク質やビタミンCの摂取を心がけることで、改善につながります。

専用のクリームなどでかゆみの出る人には、食事の改善からしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、デリケートゾーンの黒ずみの原因やケア方法に関して説明してきました。

少しでも色を薄くしたいと思っている人は、以下6点がポイントになります。

1.様ざまな原因があるが妊娠・出産、老化によるものもある。
2.平均的な色は茶褐色
3.解消するには、保湿・メラニン色素の抑制でケアが重要
4.解消には、必ずデリケートゾーン専用のクリームやローションを選ぶ
5.予防するには、下着選びでケアすることも重要
6.黒ずみ解消には、タンパク質・ビタミンCを積極的に摂取する

以上の6点を考慮して、改善策を意識して講じていけば、改善が期待できます。

大切なことは、自分に合った解消方法を見つけて実践し日頃の習慣にしていくことです。

人間の体は全員同じではありません。

いいと言われることでも、自分には合わないこともあります。

今回の記事を参考に知識を深めて、役立つ最適な解消法を一度試してみてくださいね!

ページ上部へ戻る