コンテンツ詳細

乳首にかさぶた・・・。

少々恥ずかしいですよね。

女性としてあってはならないことですが、相談しにくいことから今ではそれに悩む方も多くいます。
また、男性の目も気になってしまうものです。

悩んでしまう前にそれらの難しい問題を解消する情報を収集しました!

乳首のかさぶたの原因は?

乳首かさぶた原因
主に乾燥から引き起こされるかゆみが原因で、意識的にも無意識にも掻きむしってしまうことから引き起こされるのが、乳首のかさぶたなのです。

乳首はとてもデリケートな部位です。

皮膚も薄く、モンゴメリー腺も活発に働いています。

そんな場所のかゆみであるからこそ、女性なら気を抜かず、ケアしたいですよね。

乾燥から引き起こされるかゆみ

ちくびのかゆみの主な原因が乾燥からくるのですが、その乾燥を招くのもさまざまにあるのです。

下着のサイズ・素材

ブラジャーのサイズが大きくても、小さすぎても原因となってしまいます。

というのも大きすぎれば乳房とブラジャーの間に隙間が空くことから、乳首がすれやすくなってしまいます。

そしてブラジャーのサイズが小さすぎれば、今度は常にブラジャーの繊維が乳首を刺激しているということになるのです。

ですからブラジャーは自分の胸にジャストサイズのものを着けるようにし、ブラジャーもシルクやコットンのものを選びましょう。

また夜寝るとき、ブラジャーをしないという習慣の方は、パジャマや部屋着もシルクかコットンのものにしましょう。

オールシーズン乳首の乾燥・かぶれの危険性はある

秋から冬の季節は特に乾燥する時期ですよね。

顔がバリバリになるという方も多いのではないでしょうか。

するとやはり乳首だって乾燥するのです。

そして夏であれば普通に生活していても汗をかき、ブラの中で乳首は蒸れるという症状に状態になりがちです。

すると蒸れからかぶれやあせもで痒くなるといった可能性が乳首にも及ぶのです。

刺激の強い洗浄剤

洗浄剤

やはり香りのいいボディーソープなどは使いたくもなるもの。

けれどせめて乳首にかゆみがあるとき等は、それらはお休みにしましょう。

もっとも効果があり良いのは、無添加の石鹸です。

刺戟となるものが含まれていないことから乳首に良く、悪影響を及ぼしません。

また洗い方にも気を付けてください。

デリケートな部分全てに言えることでもありますが、石鹸を泡立てネットでモコモコの泡を作り、手でソフトに慎重に洗いましょう。

石鹸の泡は、汚れを包み込む、汚れを吸着するという作用を持っているので、しっかり汚れは落ちるのです。

かゆみがある箇所をお風呂の時にナイロンタオルで力を入れゴシゴシ洗いなどは悪化の原因ですのでやめましょう。

常日頃からこのような洗い方をすることがベストです。

アトピー性皮膚炎を持っている方

他にもアトピー腺皮膚炎や、アレルギーを持っている方は、敏感な乳首にかゆみが出ることが多いのです。

私も幼いころアトピーで病院通いで大変だったので、よーく理解できるんです。

アトピーやアレルギーのかゆみは強く、つい掻いてしまい辛いですよね。

そのようなケースの場合には、もしかしたら乳首から分泌液が出たりしていませんか?

するとブラジャーに乳首が分泌液で張り付き、着替えるとき、入浴するときに、ブラジャーをとるとばりっとかさぶたのようになったものがはがれるかもしれません。

その後は乳首のかさぶたへまっすぐにつながってしまうので注意が必要です。

それら乾燥に対する対処法

乾燥
朝や夜、ブラジャーを着ける際、着替える際に、乳首の保湿兼ねて、クリームを使うようにしましょう。

すると服やブラジャーとの間に1クッション置けるので、摩擦も防げます。

もしすでにかさぶたになっている場合、取れたと思ったらまたあらたにできるということを繰り返していたら、もしかしたら、乳首は黒ずみ始めているかもしれません。

それはそれで悩みともなるのです。では何をすればトラブルを防ぐことができるのか?

そのような場合にはデリケートな部分用の美白クリームの使用がおすすめです。

バスト専用クリームも市販されているので、そのようなものならさらに良いですね。

乾燥と黒ずみの両方のケアができるのです。

またかゆみを抑えたい!

という場合には、市販の軟膏やクリームを利用してみるのも良いですね。

乳首はデリケートな部分ですから、低刺激の安心できるものを選ぶ事が肝心です。

根本的に改善をしたいと思う場合にはワセリンでの保湿・保護をするのもおすすめです。

ワセリンは塗った内側の成分を外に逃がさず、外側からの刺激を内側に通さず守ってくれるという特性がるので、保湿はもちろんですが、保護としてもとてもいいアイテムなのです。

また安価な点から、持っていて損はないアイテムだとも言えますね。

またアトピーやアレルギーからくる痒みの場合、恥ずかしがっている場合ではなく、皮膚科で適切な処方を受けると良いでしょう。

皮むけまで進んだら要注意

これも乾燥から引き起こしてしまうことが多いので、それは上記を参考にしてみてください。

そして次のステージ、皮むけに進むと、乳首のかさぶたに近づいてしまいます。

そのためもしむけたとしてもその部分を刺激せず、掻かず、触らないようにデリケートに扱いながら、清潔を保ち、保湿対策を行うということが必要です。

授乳による皮むけ

元気のいい赤ちゃんの授乳の際に皮がむけたり、搾乳機を使用してむけるということもあるのです。

そんな時は乳首を保護するための保護器を使いましょう。

乳首に当てて、その表面から赤ちゃんにお乳を吸ってもらうというものです。

母乳で育てたいと思う場合は対策に利用しても良いですよね。

乳首の黒ずみの原因と対処法

乳首黒ずみ

乳首が痒いからと言って掻きむしってはいけないのです。

乾燥が進んだ乳首はただでさえ、肌バリアが弱っています。

また妊娠・出産・授乳時には乳首は黒ずみやすいと言われています。

ただしこの妊娠・出産・授乳時の黒ずみなど色の変化は、時間が経てば自然と色ももとに戻るので、心配はいりません。

ですが肌バリアが壊れていると、ちょっとした刺激でも同じように乳首は黒ずんでしまいます。

またターンオーバーも正常に働かなくなり、さらに黒ずみの正体、メラニンも排出されなくなってしまうのです。

このようなときは上記で挙げたような、デリケートな部分に使える美白クリームなどが有効です。

乳首専用美白クリーム比較ランキング

そして、かさぶたへ・・・

かさぶた
乳首が乾燥した状態が続けば、その影響で乳首表面は渇いた田んぼのようなカサカサの状態になってしまうはずです。

そして乳首は皮が薄いのです。

そのような状態で、掻く、下着がこすれる、などの刺激を乳首・乳輪が受けてしまったら、どうなるでしょう・・・。

出血です。

ブラジャーの内側やパッドは血がついていてもおかしくありません。

するとかさぶたができてしまいます。

もうそのような状態になったら、程度にもよりますが早く皮膚科または婦人科に行って受診して、医師から適切な薬を処方してもらって治療するのが1番です。

ですがそれでも病院は避けたい、面倒くさいいと思う方なら、消毒と保湿、そして保護を心掛けましょう。

ブラジャーの内側にはガーゼを使って、それをはがすときにもぬるい温度のシャワーをかけながら剥がすという方法も、心がけるだけでも違いますよ。

痛みも出血も抑えることができるはずです。

そして乳首に優しく、刺激を与えず、保湿です。

また完治したら先のデリケートな部分や、乳首用の美白クリームを試してみてくださいね!

まとめ

乳首のかさぶたまとめ
バストは女性のシンボルでもありますよね。

そのバストトップが悲しい感じではテンションも上がりません。

以上に乳首のかさぶたの原因から、その対処法をお伝えしました。
一度試してはいかがでしょうか。

あなたの答えは見つかったでしょうか?

少しでもお力になれたら幸いです!

ページ上部へ戻る